県内の衆議院議員選挙の各候補者の政策を告知


by chibatiji-seisaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
千葉1区(千葉市)・千葉2区(千葉市花見川区・習志野市・八千代市)
千葉3区(千葉市緑区・・市原市)
千葉9区(千葉市若葉区・佐倉市・四街道市・八街市)
                                                      
                          2009年8月14日現在


      公 開 質 問 状   

       ※ 質問はABまたはABCDで一組です。  
            一つを選択して○をしてください。

 (自)自由民主党・(民)民主党・(共)日本共産党 (幸)幸福実現党・(無)無所属  (1)のみ記載 回答順は、順不同 (敬称略)
現在、回答未到着分は、千葉1区 臼井(自)、千葉2区 山中(自)、
千葉3区 松野(自)、古川(幸) 千葉9区 水野(自)、伊藤(幸)

(1)地方分権
A) 補助金や国の直轄事業等により、国の権限を残しながら、臨時
交付金等で、自治体間の格差を是正する
B) 国の直轄事業の地方負担を廃止し、地方の意見がきちんと言える
場を確保し、地方の税源移譲を今以上に行い、地方主権を確立する

□ 千葉1区 臼井(自)   田嶋(民) B  安喰(共) (選択肢なし
と記載あり)
階(幸) A×B×
* 階 (補助金や交付金を根本から見直す。)
* 安喰 (国の補助金や直轄事業で金を出すことは必要だが、国の
権限を残して言いなりになるわけではない。地方の意見がきちんと言
える場の確保は必要である。)

□ 千葉2区  山中(自)   黒田(民) B  小倉(共) (選択なし) 
矢代(幸) A×B×
* 小倉(国直轄事業負担金について、必要な事業は国の責任で行う
方向で抜本的に見直す。)  
* 矢代(地方分権は賛成、道州制には現時点で反対

□ 千葉3区  松野(自)   岡島(民) B  古川(幸)  

□ 千葉9区  水野(自)  奥野(民) B  伊藤(幸) 
波田野(無) B

(2)景気・雇用・税源
  ● 景気対策
A) 3年間で200万人の雇用を確保し、経済成長率2%をめざす
B) 中小企業法人税を引き下げ、最低賃金を1,000円にする。

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B  安喰(選択肢なしと記載あり)
階 A×B×
* 階 (大減税で日本を元気に、経済成長3%、株価2万円を
      めざす。)
* 安喰 (財界、大企業の利益中心ではなく、働く者の家計が暖
       められるような経済施策をめざす。)

□ 千葉2区  山中  黒田 B  小倉(選択なし) 
矢代 A×B×
* 小倉(大企業の利益中心から、庶民のフトコロを、暖める政策へ
      の転換)
* 矢代(減税と規制緩和で景気拡大し、雇用を確保)

□ 千葉3区  松野   岡島 B   古川  
 

□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野 B

  ● 消費税
A) 景気回復を前提だが、消費税のアップし、財源の一部とする
B) 無駄の排除と予算組み替えで財源をねん出し、消費税は現状
のまま
C) 社会保障目的税として検討を始める
D) 消費税は廃止する

□ 千葉1区  臼井    田嶋 B   安喰 D   階 D
* 安喰(軍事費や大型開発などのムダをなくすとともに、大企業・
大資本家への減税をなくして財源を確保し、消費税は廃止していく)

□ 千葉2区  山中   黒田 BC    小倉 D   矢代 D
*黒田(BとCは矛盾しないと思います。)

□ 千葉3区  松野   岡島 B   古川  


□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野 B

 ● 労働者派遣法
A) 労働者の派遣を原則自由化したことにより、非正規労働者が労働
者数の1/3にも達したことから、労働者派遣法を抜本的に見直す
B) 行き過ぎた規制緩和を適正化し、製造現場への派遣を原則禁止す
ることなど、労働者派遣法を見直し、派遣労働者の雇用の安定を図る

□ 千葉1区  臼井    田嶋 B   安喰 B  階 A×B×
* 階 (労働者派遣法は維持の方向)

□ 千葉2区  山中   黒田 AB   小倉 B  矢代 A×B× 
* 黒田(AとBは矛盾しないと思います。)
* 矢代(最低限のセーフティネットを準備して、原則維持)

□ 千葉3区  松野   岡島 B   古川 

□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野 B

(3)公共工事
  ● 道路
A) 凍結されていた国道18路線中17路線の再開をし、費用対効果に
とらわれず、経済活性化ため財政支出をする
B) 凍結されていた国道18路線の工事は、費用対効果を厳密にチェッ
クしたうえ、必要性を見直し、かつ既存道路や橋脚の維持補修を優先
する

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B  安喰(選択肢なしと記載あり)
階 A×B×
* 階 (どちらでもない。)
*安喰 (名実ともに道路特定財源を一般財源し、新直轄方式をやめる)

□ 千葉2区  山中    黒田 B   小倉(選択なし) 
矢代 A×B× 
*小倉(名実ともに、道路特定財源を一般財源化し、新直轄方式を
     やめる)
*矢代(渋滞の多い道路に積極的な財政支出をする)

□ 千葉3区   松野   岡島 B   古川

□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野 B

  ● ダム建設
A) 八ツ場ダム・川辺川ダムは計画通り実施する
B) 八ツ場ダム・川辺川ダムは中止する

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B  安喰 B  階 A

□ 千葉2区  山中    黒田 B  小倉 B  矢代  A

□ 千葉3区  松野   岡島 B   古川 

□ 千葉9区   水野   奥野 B  伊藤   波田野 B

(4)年金・社会保障
  ●  年金
A)年金制度の一元化はせず、社会保障番号・カードを導入する
B)年金制度の一元化をし、月7万円の最低保障年金を実現する

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B 安喰(選択肢なしと記載あり)
階 A×B×
* 階 (年金制度は政府の使い込みで、既に破綻している。)
* 安喰 (最低保障年金をつくり国民年金を月額8万3千円に)

□ 千葉2区  山中  黒田 B  小倉(選択なし) 
矢代 A×B× 
* 小倉(最低保障年金をつくり、国民年金で月額8万3千円に。)
* 矢代(景気回復と人口増加策で年金問題を解決する)

□ 千葉3区  松野   岡島 B   古川 

□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野(選択なし)
* 波田野 (年金制度を一元化をし、月8万円の最低保障年金を
         実現する)

  ●  社会保障費の削減
A) 毎年2200億円削減の枠を外し、毎年の自然増には対応する
B) 今までの減額による影響を精査し、必要に応じて増額する

□ 千葉1区  臼井  田嶋 A   安喰 B   階 A×B×
* 階 (社会保障費を見直し、バラマキは止める。)

□ 千葉2区  山中  黒田 B  小倉 B   矢代 A×B×
  * 矢代(最低限のセーフティネットを置き、適正化を図る)
  
□ 千葉3区  松野   岡島 A   古川

□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野 B

  ●  医療
A) 膨大な医療費を削減するため、公的病院を民営化・統廃合を進める
B) 医療難民をなくすため、地方の公的病院の存続を支援する

□ 千葉1区   臼井   田嶋 B  安喰 B  階 A×B×
* 階 (公的病院の経営に民間のアイデアを取り入れる。)

□ 千葉2区   山中   黒田 B   小倉 B  矢代 A

□ 千葉3区   松野   岡島 B   古川

□ 千葉9区   水野   奥野 B  伊藤   波田野 B

  ● 後期高齢者医療制度
A) 後期高齢者医療制度を継続する
B) 後期高齢者医療制度は廃止する

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B   安喰 B  階 A×B×
* 階 (医療制度を根本的に見直す。)

□ 千葉2区  山中    黒田 B  小倉B   矢代 A

□ 千葉3区  松野   岡島 B  古川 

□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野 B

  ● 高齢者施設基盤整備
A) 施設介護よりも、在宅介護へシフトすることにより、経費を削減する
B) 施設の増設はもとより、在宅支援のため、地域密着型施設など在
宅サービスを充実する

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B   安喰 B   階 A×B×
* 階 (相続税・贈与税を全廃すると、家族が介護してくれる。)

□ 千葉2区  山中   黒田 B  小倉 B  矢代 A

□ 千葉3区  松野   岡島 B  古川

□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野 B

  ● 障害者権利条約
A) 障害者権利条約は批准するが、国内法は見直さない
B) 障害者権利条約を批准し、必要な国内法の整備を行う

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B   安喰 B   階 A×B×
* 階 (根本的に見直す。)

□ 千葉2区  山中   黒田 B  小倉 B  矢代 A

□ 千葉3区  松野   岡島 B   古川 

□ 千葉9区  水野   奥野 B 伊藤   波田野 B

(5)子育て・教育
  ● 子供の教育費・子供手当等
A) 3歳~5歳までの幼児教育の無料化と、高校大学の奨学金制度
  創設
B) 中学卒業まで月2万6千円の子供手当と、高校まで授業料無料化

□ 千葉1区  臼井  田嶋 B  安喰(選択肢なしと記載あり)
階 A×B×
* 階 (収入の多寡にかかわらず、一律に手当を決めるのは反対。)
* 安喰 (保育所を増やし待機児童をなくすこと。義務教育を本当の
意味で無償にすること。高校の授業料の無償化、大学の授業料の軽減
など、子育てにかかる費用を削減し環境を整えることをめざす)

□ 千葉2区  山中   黒田 B  小倉(選択なし) 矢代 A×B× 
* 小倉(子どもの医療費無料化、児童手当月1万円、高校授業料
無償化返済不要の奨学金創設)
* 矢代(塾にたよらない公立高校で家計負担を下げる)

□ 千葉3区  松野   岡島 B   古川

□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野(選択なし)
* 波田野(子供手当てより、幼児から小・中学まで医療費又学校給食
   無料化) 

   ● 障害児の教育
A) 障害のある子とない子が別のところで学ぶことを基本とする、現
在の分離別学制度を維持
B) 障害のある子とない子が同じ教室で学ぶことを基本とする教育制
度に変更

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B   安喰(選択肢なしと記載あり)
階 A×B×
* 階 (一律の制度ではなく、現場で決める自由度が必要。)
* 安喰 (障害のある子の教育には専門の知識に基づいた特別の
   手立てが必要だと考える)

□ 千葉2区  山中    黒田 B  小倉(選択なし) 矢代 A 
* 小倉(発達を保障するための最善の環境を保障する視点で決める。)

□ 千葉3区  松野   岡島 B   古川

□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野 A

  ● 学校施設のバリアフリー化
A) エレベータ設置の義務付けは、特別支援学校だけでよい
B) 特別支援学校と同様、小中高等学校においてもエレベータ設置を
義務付ける

□ 千葉1区  臼井   田嶋 A  安喰(選択肢なしと記載あり)
階 A×B×
* 階 (根本的に見直す。)
* 安喰 (必要のある学校には設置していく)

□ 千葉2区  山中   黒田 A  小倉(選択なし) 矢代 A
* 黒田(インクルーシブ教育の進展にともない、整備すべきと考え
ます)
* 小倉(必要となる施設なら設置すべき)

□ 千葉3区  松野   岡島(選択なし)  古川
* 岡島(基本的にBだが財政再建を考慮して必要に応じて順次エレ
ベーターを設置する)
□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野 A

 (6)男女共同参画
  ● ポジティヴアクション(積極的是正措置)
A) 男女の性別にかかわらず、能力や仕事の内容によって昇進させる
B) 同一の能力のある男女なら、女性の登用を積極的に進めるべきだ

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B   安喰 B    階 A

□ 千葉2区  山中    黒田 A  小倉 B   矢代 A  

□ 千葉3区  松野   岡島 B    古川

□ 千葉9区  水野   奥野 A  伊藤   波田野 A

  ●  ひとり親家庭支援
A) ひとり親家庭への支援を充実する
B) 母子家庭の生活保護の母子加算を復活するとともに、父子家庭へも
児童扶養手当を導入する

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B   安喰 B   階 A×B×
* 階  (基本的に00手当というバラマキには反対。)

□ 千葉2区  山中    黒田 B  小倉 B  矢代 A

□ 千葉3区  松野   岡島 B   古川

□ 千葉9区  水野  奥野 B  伊藤   波田野 B

  ● 次世代育成支援推進法
A) 平成23年から101人規模の従業員を持つ企業に義務付けられる
「一般事業主行動計画」ついては、今後もそれ以下の中小企業は努力
義務のままでよい
B) 平成23年から101人規模の従業員を持つ企業に義務付けられる
「一般事業主行動計画」ついては、さらに中小企業にも義務付けし、財
政支援をする

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B   安喰 B   階 A×B×
* 階 (根本的に見直す。)

□ 千葉2区  山中   黒田 B  小倉 B  矢代 A  

□ 千葉3区  松野   岡島 B   古川 

□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤  波田野 B

(7)環境
  ● CO2削減
A) 地球温暖化を防ぐため、CO2の削減率を2005年から15%削減
する
B) 地球温暖化を防ぐため、CO2の削減率を1990年から25%削減
する

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B  安喰(選択なし) 階 A×B×
* 階 (CO2 の急激な削減には反対。)
* 安喰 (日本は1990年から2005年までに逆に7%増やして
いるので2020年までに1990年比で30%削減したいと考えている)

□ 千葉2区  山中  黒田 B  小倉(選択なし) 矢代 A×B× 
* 小倉(1990年比で2020年までに30%削減、2050年までに
80%削減)
* 矢代(CO2の性急な排出量削減はしない)

□ 千葉3区  松野   岡島 B  古川

□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野(選択なし)
* 波田野(地球温暖化を防ぐため、CO2の削減率を2005年から
30%削減する。

  ● 三番瀬
A) 猫実川の埋めたてをして、人工干潟を導入し、市民に親しまれる海
岸を作る
B) 猫実川は多様な生物がおり、保全するとともに、人工干潟は反対で
ある

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B  安喰 B   階 A

□ 千葉2区  山中  黒田(選択なし) 小倉 B  矢代 A   
*黒田(できるだけ現在の自然を保全しながらも、手を入れなければ
ならない場合、適切に対処すべきと考えます)

□ 千葉3区  松野   岡島 B  古川

□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野 B

  ● 第2湾岸道路
A) 三番瀬を埋め立て、第2湾岸の足場を作り着実に道路を作る
B) ラムサール条約登録を目指し、湿地を保全する立場で、道路の
建設には反対である

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B   安喰 B  階 A 

□ 千葉2区  山中   黒田 B   小倉 B  矢代 A
 
□ 千葉3区  松野   岡島 B   古川 

□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野 B

 (8)平和・外交
  ● 憲法9条第2項
A) 2項を見直す
B) 2項は見直さない

□ 千葉1区  臼井   田嶋 B  安喰 B  階 (選択なし)
* 階 (憲法全てを見直す。)
□ 千葉2区  山中   黒田 B  小倉(選択なし) 矢代 A 
* 小倉(1項を含む、9条を守る)
□ 千葉3区  松野   岡島 B   古川 

□ 千葉9区   水野   奥野 B  伊藤   波田野 B

  ● 核兵器削減計画
A) テロや、北朝鮮の脅威などもあり当面核兵器の削減は難しい。
日本政府としてはオバマ大統領の核兵器削減計画には全面的には
賛成できない
B) 核兵器廃絶を核使用国として初めて打ち出したオバマ大統領の
核兵器削減計画を支持する

□ 千葉1区  臼井    田嶋 B  安喰 B   階 A

□ 千葉2区  山中   黒田 B  小倉 B   矢代 A 
*小倉(削減は、核兵器廃絶を一体として)
□ 千葉3区  松野   岡島 B   古川 

□ 千葉9区  水野   奥野 B  伊藤   波田野 B

 (9)自由記載

衆議院議員に当選した場合、特に取り組みたいことは何ですか?
100字以内にお書きください。   
                                
 <千葉1区・階 一喜> 

① 国の守りを確かなものに 北朝鮮や中国の脅威から日本を守り
ます。北朝鮮・中国の軍事的脅威に対し、「毅然たる国家」としての
防衛体制を築きます。そのためには憲法9条を改正し、国民の生命
・安全・財産を守ります。
② 消費税を全廃して、景気を回復させ、物価を2万円台にし、国民
の財産を倍増させます。  

<千葉1区・田嶋 要> 

行政改革を行って新たな財源を生み出し、子ども手当を実現する。
また、地域医療の再生にも取り組む。インターネット選挙の解禁など
公選法の改正にも取り組みたい。

 <千葉1区・あぐい武夫> 

大企業の無法な「非正規切り」やリストラ、雇用破壊をやめさせ、労働
者派遣法を抜本的に改正して「雇用は正社員があたりまえ」にします。
また、中学卒業までと75歳以上の医療費を無料にして安心して医者に
かかれるようにします。

<千葉2区・黒田 ゆう>

介護や児童福祉に携わってきた経験から、介護職員の給与や労働環
境の改善、都市部介護施設への支援、児童養護施設における職員配
置基準の改善、情緒障害児短期治療施設の増設等に取り組みたい。

<千葉2区・小倉 忠平>

労働者派遣法の「抜本改正」をはじめ、人間らしく働けるルールをつくる。
また、医療介護・年金など社会保障の充実、高すぎる教育費の軽減を
はかり、老後も子育ても安心の社会をつくる。

<千葉2区・矢代 智康>

この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと誇れる日本を必ず築き
上げます。まず、国力に応じた国防体制を構築し、母国をしっかりと守り
ます。ついで、大減税と積極的人口増加策で世界一の経済大国とします。

<千葉3区・岡島 一正>

基本的に政治家特に国会議員の役割は、国民に平和と安心を保障する
ことだと考えている。国連中心の平和外交や社会保障制度の再構築に
取り組みたい。

<千葉9区・波田野>

自民の世襲政治、民主の官公労中心の正治でもない力の弱い庶民中
心のための政界再編成を含む庶民中心の新党を作ります。
1) だれでもが優秀なら国会議員になれる公平平等な公職選挙法の
改正に取り組みます。
2) 小子(原文のまま)高令化対策に重点的に取り組みます。
3) 環境立国日本を世界に宣言し環境技術で国際貢献するため1990
比(原文のまま)30%の削減を打ち出します。
                                                                   
<千葉9区・奥野>
自由記載なし。      
                                           
                                           

回答日:     年   月   日  
ご署名:              
ご協力ありがとうございました。

[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-08-15 18:56
★ 千葉7区、8区 公開質問状(一般質問)サイト

  http://senkyo7.exblog.jp/              
                                           
                                      
                                           
                                           
                                           
                                           
[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-08-15 18:43 | 千葉7区(松戸他)8区(柏他)
★ 第45回 衆議院議員選挙 立候補予定者一覧  (アイウエオ順)

第1区(千葉市中央区、稲毛区、美浜区) 

 あぐい 武夫 (日本共産党) 
 臼井 正一 (自由民主党) 
 田嶋 要 (民主党) 
 階 一喜 (幸福実現党) 

第2区(千葉市花見川区、習志野市、八千代市)

 小倉 忠平 (日本共産党)
 黒田 ゆう (民主党) 
 矢代 智康 (幸福実現党)
 山中 あきこ (自由民主党)

第3区(千葉市緑区、市原市)

 岡島 一正 (民主党)
 古川 裕三 (幸福実現党)
 松野 博一 (自由民主党)

第9区(千葉市若葉区、佐倉市、四街道市、八街市)

 伊藤 純子 (幸福実現党)
 奥野 総一郎 (民主党)
 水野 賢一 (自由民主党)
 波田野 辰雄 (無所属)

 

[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-08-15 11:06 | 衆議院議員選挙・1区2区3区9区


              公 開 質 問 状
           ※ 質問はABまたはABCDで一組です。
              一つを選択して○をしてください。

(1)地方分権

A) 補助金や国の直轄事業等により、国の権限を残しながら、臨時
交付金等で、自治体間の格差を是正する
B) 国の直轄事業の地方負担を廃止し、地方の意見がきちんと言える
場を確保し、地方の税源移譲を今以上に行い、地方主権を確立する

(2)景気・雇用・税源

  ● 景気対策

A) 3年間で200万人の雇用を確保し、経済成長率2%をめざす
B) 中小企業法人税を引き下げ、最低賃金を1,000円にする。

  ● 消費税

A) 景気回復を前提だが、消費税のアップし、財源の一部とする
B) 無駄の排除と予算組み替えで財源をねん出し、消費税は現状のまま
C) 社会保障目的税として検討を始める
D) 消費税は廃止する

 ● 労働者派遣法

A) 労働者の派遣を原則自由化したことにより、非正規労働者が労働者数の
1/3にも達したことから、労働者派遣法を抜本的に見直す
B) 行き過ぎた規制緩和を適正化し、製造現場への派遣を原則禁止すること
など、労働者派遣法を見直し、派遣労働者の雇用の安定を図る

(3)公共工事

  ● 道路

A) 凍結されていた国道18路線中17路線の再開をし、費用対効果にとらわ
れず、経済活性化ため財政支出をする
B) 凍結されていた国道18路線の工事は、費用対効果を厳密にチェックした
うえ、必要性を見直し、かつ既存道路や橋脚の維持補修を優先する

  ● ダム建設

A) 八ツ場ダム・川辺川ダムは計画通り実施する
B) 八ツ場ダム・川辺川ダムは中止する

(4)年金・社会保障

  ●  年金

A)年金制度の一元化はせず、社会保障番号・カードを導入する
B)年金制度の一元化をし、月7万円の最低保障年金を実現する

  ●  社会保障費の削減

A) 毎年2200億円削減の枠を外し、毎年の自然増には対応する
B) 今までの減額による影響を精査し、必要に応じて増額する

  ●  医療

A) 膨大な医療費を削減するため、公的病院を民営化・統廃合を進める
B) 医療難民をなくすため、地方の公的病院の存続を支援する

  ● 後期高齢者医療制度

A) 後期高齢者医療制度を継続する
B) 後期高齢者医療制度は廃止する

  ● 高齢者施設基盤整備

A) 施設介護よりも、在宅介護へシフトすることにより、経費を削減する
B) 施設の増設はもとより、在宅支援のため、地域密着型施設など在宅サ
ービスを充実する

  ● 障害者権利条約

A) 障害者権利条約は批准するが、国内法は見直さない
B) 障害者権利条約を批准し、必要な国内法の整備を行う

(5)子育て・教育

  ● 子供の教育費・子供手当等

A) 3歳~5歳までの幼児教育の無料化と、高校大学の奨学金制度創設
B) 中学卒業まで月2万6千円の子供手当と、高校まで授業料無料化

  ● 障害児の教育

A) 障害のある子とない子が別のところで学ぶことを基本とする、現
在の分離別学制度を維持
B) 障害のある子とない子が同じ教室で学ぶことを基本とする教育制
度に変更

  ● 学校施設のバリアフリー化

A) エレベータ設置の義務付けは、特別支援学校だけでよい
B) 特別支援学校と同様、小中高等学校においてもエレベータ設置を義務
付ける

 (6)男女共同参画

  ● ポジティヴアクション    *積極的是正措置

A) 男女の性別にかかわらず、能力や仕事の内容によって昇進させる
B) 同一の能力のある男女なら、女性の登用を積極的に進めるべきだ

  ●  ひとり親家庭支援

A) ひとり親家庭への支援を充実する
B) 母子家庭の生活保護の母子加算を復活するとともに、父子家庭へも児童
扶養手当を導入する

  ● 次世代育成支援推進法

A) 平成23年から101人規模の従業員を持つ企業に義務付けられる「一般事
業主行動計画」ついては、今後もそれ以下の中小企業は努力義務のままで
よい
B) 平成23年から101人規模の従業員を持つ企業に義務付けられる「一般事
業主行動計画」ついては、さらに中小企業にも義務付けし、財政支援をする

(7)環境

  ● CO2削減

A) 地球温暖化を防ぐため、CO2の削減率を2005年から15%削減する
B) 地球温暖化を防ぐため、CO2の削減率を1990年から25%削減する

  ● 三番瀬

A) 猫実川の埋めたてをして、人工干潟を導入し、市民に親しまれる海
岸を作る
B) 猫実川は多様な生物がおり、保全するとともに、人工干潟は反対である

  ● 第2湾岸道路

A) 三番瀬を埋め立て、第2湾岸の足場を作り着実に道路を作る
B) ラムサール条約登録を目指し、湿地を保全する立場で、道路の建設には
反対である

 (8)平和・外交

  ● 憲法9条第2項

A) 2項を見直す
B) 2項は見直さない

  ● 核兵器削減計画

A) テロや、北朝鮮の脅威などもあり当面核兵器の削減は難しい。日本政府
としてはオバマ大統領の核兵器削減計画には全面的には賛成できない
B) 核兵器廃絶を核使用国として初めて打ち出したオバマ大統領の核兵器削
減計画を支持する

 (9)自由記載

衆議院議員に当選した場合、特に取り組みたいことは何ですか?
100字以内にお書きください                                                                                    
                                           
                                      
                                           
                                           
                                           
                                           

回答日:     年   月   日  
ご署名:              
ご協力ありがとうございました。
[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-08-12 20:22
★ 第4区(船橋市) 公開質問状(女性政策)の回答サイト&一般分野に関する公開質問状UP

http://senkyosen.exblog.jp/
[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-08-12 20:17 | 第4区(船橋市)
★ 第5区(市川市・浦安市)第6区(市川市・松戸市) 公開質問状の回答UP

http://ichikawasi.exblog.jp/
[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-08-12 20:13 | 第5区・第6区(市川浦安松戸)
衆議院選挙立候補予定者の皆様

わたしたちは「候補者の政策を知る会」と申します。
先の知事選の前に県内各地で活動する市民団体が連携して結成し、
千葉市長選挙や船橋市長選挙においても、質問状を配布し、結果
をホームページに各候補者の政策を比較できる形で掲載し、多く
の皆さまに訪れていただくことができました。
 
今回は会の中で千葉県内に拠点を置いて活動する市民団体や個人
が中心になり、千葉県内の衆議院選挙における予定候補者の政策
を比較検討できる材料を有権者に提供すべく、今回の公開質問ア
ンケートの作成を行ないました。
 
これから各マスコミなどでも政策アンケートなどが行なわれると
は思いますが、新聞を読まない人も増えている昨今、ホームペー
ジで政策を比較することができることは、特に若者の投票率の向
上に役に立つものと思います。
 
大変お忙しい時期に恐縮ですが、投票する人たちへの積極的な情
報開示の一旦としても、このアンケートをご利用いただければと
思います。
 
各設問は選択制となっておりますが、どうしても選択できない場
合は欄外にご意見を20字以内で述べてください。

回答は、FAXにて下記の担当者までお願いします。

締め切りは8月12日必着でお願いいたします。
[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-08-05 21:53 | ★ 会の趣旨(衆院)
★ 6月15日 千葉市長選の結果です。 投票率 43・5%


   当  熊谷 俊人  無所属 新  170.629
     
       林 孝二郎  無所属 新  117.560

       結城 房江  共産 新     30.933  

     無党派層の64%、自民支持の32%、民主支持の90%が、

     熊谷さんに投票したことが勝利の原因か。

     (朝日新聞、出口調査より)。

     「支援政党を重視」して投票した人が6割。 前市長の収賄事件

     のせいで、民主党が勢いをつけた、ということもいえそう。

[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-06-16 20:32
◆ 3人の候補者からの回答をでそろいました。回答順は、回答が届いた
順です。なお、二者択一が困難な場合は、コメントでお答え願いました。

 
 ★ 公 開 質 問 状 ★     
                                  
 * 質問は、ABで一組となっております。いずれか1つ選び、該当の
   □にチェックを入れて下さい。

1 「財政」「公共施設」などについて、お伺いします。

  <大型開発について>

□ A 蘇我スポーツ公園整備、千葉駅北口施設整備、西口再開発など
   をすすめる。
□ B 蘇我スポーツ公園整備、千葉駅北口施設整備、西口再開発など
   の見直しをする。

熊谷 B   林  チェックなし (コメント)  結城  B

        林) 財政健全化、これまでの投資の有効活用の観点から
            スケジュールを見直す。    

  <外郭団体について>

□ A 外郭団体は、現状のまま、活用する。
□ B 外郭団体は、天下り人事を含め、見直しをする。

熊谷 B   林  チェックなし(コメント) 結城  B

        林) 経営改善や整理統合をさらに推進します。 

  <入札について>

□ A 入札は適切に実施されていると考えており、改善の余地は無い。
□ B 入札への口利きは文書化し公開する。過去の入札についても
    調査する。

熊谷 B   林 チェックなし(コメント)  結城  B  
 
        林) 一般競争入札や総合評価制度を一層導入します。 

  <借金について> 
            
□ A 市債は今後も適切に活用する
□ B 市債返済計画をつくり、着実に借金を減らす

熊谷 B  林 チェックなし(コメント)  結城  B

       林) 市債は今後も適切に活用するとともに、公債費負担適正化
           計画に基づき着実に借金を減らす。
           

  <図書館、公民館などの指定管理者制について>

□  A 経費削減のため、指定管理者導入をすすめる。
□  B 教育、福祉などの分野の指定管理者制は、市民の意見
    を聞いて検討する。  

熊谷 B   林 チェックなし(コメント)  結城  B

        林) 制度導入が適当な施設について導入を進める。

  <モノレール延伸について>

□ A モノレールの延伸事業をすすめる。
□ B モノレールの延伸事業は撤回する。

熊谷 B   林 チェックなし(コメント)  結城  B

        林) 必要だが、着工時期については慎重に検討する。

  <水道事業について>

□ A 市営水道事業は現状のまま、推進する。
□ B 市営水道事業の抜本的見直しをする。

谷 B    林 チェックなし(コメント)  結城  B

         林) 水需要の伸びを見ながら柔軟に対応する。  

2 「医療」「福祉」施策について、伺います。

  <福祉相談窓口について>

□  A  365日、24時間対応の中核生活支援センターは、現状で
     は必要ない。
□  B  365日、24時間対応の中核生活支援センターをつくる。

熊谷 B   林  A   結城 B  

<女性専用外来について>

□ A 青葉病院の「女性専用外来」は見直す。
□ B 青葉病院の「女性専用外来」は存続させる。

熊谷 B   林  B   結城  B

  <市民と行政の協働について>

□  A パブリックコメントや審議会など機能しているので、現在の「市
民参加及び協働に関する条例」で対応できる。
□ B 現在の「市民参加及び協働に関する条例」では不十分であり、
見直しが必要である。

熊谷 B   林  A   結城  B

3 「教育」「子ども」施策について、伺います。

  <学校選択制について>

□ A 教育の選択の自由を保障するためにも「学校選択制」をすすめる。
□ B 地域住民のつながりを絶ち格差を生む「学校選択制」はすすめない。

熊谷 チェックなし(コメント)  林  B  結城 B

熊谷)  地域により事情が異なる。現場に応じて判断したい。

<子ども人権条例について>

□ A 現在ある社会、学校のシステムによって、子どもは守られてい
る。「子ども人権条例」は必要はない。
□ B 子どもの権利の基準を決め、子ども参画の推進といじめや虐
待などの人権侵害からの救済システムを定める「子ども人権条例」を
つくる。

熊谷 B   林  A   結城  B 

<子どもの医療助成について>

□ A  現在の小学校就学前までの乳幼児医療費助成を継続する。
□ B  医療費の助成を、小学校卒業まで拡大する。

熊谷 チェックなし(コメント)  結城 B 

熊谷)  小学校卒業時まで入院費を無料にする。

林   B (ただし、文中Bの「小学校卒業」を「中学校卒業」と訂正。)

 

  <男女混合名簿*について>

* 男女別名簿でなく、男女混合のアイウエオ順の名簿のこと

□ A 男女混合名簿(*)は推進せず、見直す。
□ B 男女混合名簿をさらに推進する。

熊谷 チェックなし(コメント) 林 B   結城  B

熊谷)  現場の実情に合わせて対応するべき

4 「男女共同参画」施策について、伺います。

  <育児休暇・介護休暇について>

□  A 庁内の男性の育児(介護)休暇の取得率をあげるのは、
現状ではむずかしい。
□  B 庁内の男性職員の育児(介護)休暇の取得率をあげる
ために、労働環境を整える。

熊谷 B  林  B  結城  B   

  <ポジティブ・アクション(「積極的是正措置」*)について>
* 格差是正のため、男女いずれかの一方に対し、機会を積極的に
提供すること

□  A 男女にこだわらず、能力や仕事の内容によって決定する。
□  B 同一の能力の男女がいたら、女性の登用をすすめる。

熊谷 A  林  A  結城  B

                   ◆

□ A 公共事業の入札団体に、「男女共同参画」の取り組みを審査
項目に加えるシステムの導入はしない。
□ B 公共事業の入札団体に「男女共同参画」の取組みを審査項目
に加えるシステムを導入する。

熊谷  B    林 B    結城  B

  <「仕事と家庭」について>

□ A 子育ては、主に母親がする方が望ましい。
□ B 父親も育児休業をとって、子育てに参加すべきである。

熊谷  B  林  B  結城  B    

                ◆

□ A 「パパ・クオータ」制(*)の推進はしない。
     *育児休業の一定期間を父親に割り当てる制度。

□ B 「パパ・クオータ」制を庁内や県下の企業に推進する。 

熊谷  B  林  B   結城  B                                           
                   ◆

□ A 児童扶養手当は母子家庭のみとする。
□ B 児童扶養手当を低所得の父子家庭も対象とする。

熊谷  B   林  B  結城  B

<DV*対策について>

* 夫、恋人など身近な男性から女性への身体的・精神的な暴力。

□ A DV被害者の自立支援のための財政援助はしない。
□ B DV被害者の自立支援のために、住宅支援を含め、財政援助をする。

熊谷  B   林  B  結城  B

5 「環境」施策について、伺います。

  < 産業廃棄物について>

□ A 産業廃棄物の不法投棄防止は、問題ごとに適切に対応する。
□ B 産業廃棄物の不法投棄防止のため、罰則をふくむ条例をつくる。

熊谷  B   林  A  結城  B

  < 1km条例(*) について >

*「千葉市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例」

□ A 条例の見直しは行わない。
□ B 条例を見直し、緑地の保全をはかる。

熊谷  B   林  A  結城  B

  <遺伝子組み換えナタネについて>

□ A トラック等輸送による遺伝子組み換えナタネのまきちらしは、取締り
    が困難と考える。
□ B 市内のまきちらしの現状を調査し、早急に対策をとる。

熊谷 チェックなし(コメント) 林  A   結城  B

熊谷) 科学的なデータ検証に基づき対応したい。


6 「雇用」施策について、伺います。

  <庁内の非常勤職員について>

  □ A 市役所内の非常勤職員の待遇は現状のままとする。
  □ B 市役所内の非常勤職員の待遇の見直しをする。

熊谷  B   林  B   結城  B  

<ホームレスについて>

□ A ホームレスの自立支援の実現は難しいので、見直す。
□ B ホームレスの自立支援を推進する。

熊谷  B    林  B  結城  B 

7 「平和」について、伺います。

  <憲法9条について>

□ A 憲法9条は改正を検討すべきである。
□ B 憲法9条は変えるべきではない。

熊谷 チェックなし(コメント) 林  B   結城  B

熊谷) 国の問題、市は平和都市宣言20周年であり平和行政を
     推進していく。


 ★  自由記載欄  ★ 

千葉市長に当選した場合、最初に取り組むことは何ですか。100字以内
で自由にお書きください。

<熊谷> まずは財政再建。モノレール延伸や蘇我スポーツ公園整備など
無駄なハコモノへの税金投入は即時中止する。
同時に、不正な入札疑惑を徹底的に調査することで、市民の市政への信
頼を速やかに取り戻す。
  
<林>  記載なし

<結城> 市長の収賄事件の徹底解明を行い、再発防止を図る。大型開発
を見直すために「大規模公共事業見直し委員会」をつくり、見直しに着手する。
中学卒業までと75歳以上の医療費無料化に向けて取り組む。


 ご回答、ありがとうございました。

                 2009年5月30日

                    ご署名         
[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-05-31 22:08
★ 結城 房江(ゆうき ふさえ) プロフィール

 1944年生まれ(65歳)   共産党公認

 1963年  千葉県立佐倉高校卒業
 
 1963年  東京電力(㈱)入社

 1974年  同退社

 1975年~2003年  千葉市議会議員

 2005年 千葉市長選 挑戦するが落選。
[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-05-31 22:06 | 結城 房江
◆ 回答は、かえってきた順番に掲載します。
 現在の回答は、熊谷さんのみ。

 
 ★ 公 開 質 問 状 ★     
                                  
 * 質問は、ABで一組となっております。いずれか1つ選び、該当の
   □にチェックを入れて下さい。

1 「財政」「公共施設」などについて、お伺いします。

  <大型開発について>

□ A 蘇我スポーツ公園整備、千葉駅北口施設整備、西口再開発など
   をすすめる。
□ B 蘇我スポーツ公園整備、千葉駅北口施設整備、西口再開発など
   の見直しをする。

熊谷 B       

  <外郭団体について>

□ A 外郭団体は、現状のまま、活用する。
□ B 外郭団体は、天下り人事を含め、見直しをする。

熊谷 B    

  <入札について>

□ A 入札は適切に実施されていると考えており、改善の余地は無い。
□ B 入札への口利きは文書化し公開する。過去の入札についても
    調査する。

熊谷 B    

  <借金について> 
            
□ A 市債は今後も適切に活用する
□ B 市債返済計画をつくり、着実に借金を減らす

熊谷 B    

  <図書館、公民館などの指定管理者制について>

□  A 経費削減のため、指定管理者導入をすすめる。
□  B 教育、福祉などの分野の指定管理者制は、市民の意見
    を聞いて検討する。  

熊谷 B   

  <モノレール延伸について>

□ A モノレールの延伸事業をすすめる。
□ B モノレールの延伸事業は撤回する。

熊谷 B   

  <水道事業について>

□ A 市営水道事業は現状のまま、推進する。
□ B 市営水道事業の抜本的見直しをする。

熊谷 B      

2 「医療」「福祉」施策について、伺います。

  <福祉相談窓口について>

□  A  365日、24時間対応の中核生活支援センターは、現状で
     は必要ない。
□  B  365日、24時間対応の中核生活支援センターをつくる。

熊谷 B   

  <女性専用外来について>

□ A 青葉病院の「女性専用外来」は見直す。
□ B 青葉病院の「女性専用外来」は存続させる。

熊谷 B   

  <市民と行政の協働について>

□  A パブリックコメントや審議会など機能しているので、現在の「市
民参加及び協働に関する条例」で対応できる。
□ B 現在の「市民参加及び協働に関する条例」では不十分であり、
見直しが必要である。

熊谷 B   

3 「教育」「子ども」施策について、伺います。

  <学校選択制について>

□ A 教育の選択の自由を保障するためにも「学校選択制」をすすめる。
□ B 地域住民のつながりを絶ち格差を生む「学校選択制」はすすめない。

熊谷 チェックなし 
コメント 地域により事情が異なる。現場に応じて判断したい。


<子ども人権条例について>

□ A 現在ある社会、学校のシステムによって、子どもは守られてい
る。「子ども人権条例」は必要はない。
□ B 子どもの権利の基準を決め、子ども参画の推進といじめや虐
待などの人権侵害からの救済システムを定める「子ども人権条例」を
つくる。

熊谷 B    

<子どもの医療助成について>

□ A  現在の小学校就学前までの乳幼児医療費助成を継続する。
□ B  医療費の助成を、小学校卒業まで拡大する。

熊谷 チェックなし
コメント 小学校卒業時まで入院費を無料にする。


  <男女混合名簿*について>
* 男女別名簿でなく、男女混合のアイウエオ順の名簿のこと

□ A 男女混合名簿(*)は推進せず、見直す。
□ B 男女混合名簿をさらに推進する。

熊谷 チェックなし
コメント 現場の実情に合わせて対応すべき


4 「男女共同参画」施策について、伺います。

  <育児休暇・介護休暇について>

□  A 庁内の男性の育児(介護)休暇の取得率をあげるのは、
現状ではむずかしい。
□  B 庁内の男性職員の育児(介護)休暇の取得率をあげる
ために、労働環境を整える。

熊谷 B     

  <ポジティブ・アクション(「積極的是正措置」*)について>
* 格差是正のため、男女いずれかの一方に対し、機会を積極的に
提供すること

□  A 男女にこだわらず、能力や仕事の内容によって決定する。
□  B 同一の能力の男女がいたら、女性の登用をすすめる。

熊谷 A  

                   ◆

□ A 公共事業の入札団体に、「男女共同参画」の取り組みを審査
項目に加えるシステムの導入はしない。
□ B 公共事業の入札団体に「男女共同参画」の取組みを審査項目
に加えるシステムを導入する。

熊谷 B    

  <「仕事と家庭」について>

□ A 子育ては、主に母親がする方が望ましい。
□ B 父親も育児休業をとって、子育てに参加すべきである。

熊谷 B   

                  ◆

□ A 「パパ・クオータ」制(*)の推進はしない。
     *育児休業の一定期間を父親に割り当てる制度。

□ B 「パパ・クオータ」制を庁内や県下の企業に推進する。 

熊谷 B                                             
                   ◆

□ A 児童扶養手当は母子家庭のみとする。
□ B 児童扶養手当を低所得の父子家庭も対象とする。

熊谷 B   

<DV*対策について>
* 夫、恋人など身近な男性から女性への身体的・精神的な暴力。

□ A DV被害者の自立支援のための財政援助はしない。
□ B DV被害者の自立支援のために、住宅支援を含め、財政援助をする。

熊谷 B  

5 「環境」施策について、伺います。

  < 産業廃棄物について>

□ A 産業廃棄物の不法投棄防止は、問題ごとに適切に対応する。
□ B 産業廃棄物の不法投棄防止のため、罰則をふくむ条例をつくる。

熊谷 B   

  < 1km条例(*) について >

*「千葉市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例」

□ A 条例の見直しは行わない。
□ B 条例を見直し、緑地の保全をはかる。

熊谷 B   

  <遺伝子組み換えナタネについて>

□ A トラック等輸送による遺伝子組み換えナタネのまきちらしは、取締り
    が困難と考える。
□ B 市内のまきちらしの現状を調査し、早急に対策をとる。

熊谷 チェックなし
コメント 科学的データ検証に基づき対応したい。


6 「雇用」施策について、伺います。

  <庁内の非常勤職員について>

  □ A 市役所内の非常勤職員の待遇は現状のままとする。
  □ B 市役所内の非常勤職員の待遇の見直しをする。

熊谷  B   

  <ホームレスについて>

□ A ホームレスの自立支援の実現は難しいので、見直す。
□ B ホームレスの自立支援を推進する。

熊谷  B    
 
7 「平和」について、伺います。

  <憲法9条について>

□ A 憲法9条は改正を検討すべきである。
□ B 憲法9条は変えるべきではない。

熊谷 チェックなし
コメント 国の問題、市は平和都市宣言20周年であり平和
行政を推進していく。



 ★  自由記載欄  ★ 

千葉市長に当選した場合、最初に取り組むことは何ですか。100字以内
で自由にお書きください。

 熊谷 まずは財政再建。モノレール延伸や蘇我スポーツ公園整備など
無駄なハコモノへの税金投入は即時中止する。
同時に、不正な入札疑惑を徹底的に調査することで、市民の市政への信
頼を速やかに取り戻す。
  



 ご回答、ありがとうございました。

                 2009年5月25日

                    ご署名         
[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-05-29 21:58
       ★ 公 開 質 問 状  ★

                                      
* 質問は、ABで一組となっております。いずれか1つ選び、該当の
   □にチェックを入れて下さい。

1 「財政」「公共施設」などについて、お伺いします。

  <大型開発について>

□ A 蘇我スポーツ公園整備、千葉駅北口施設整備、西口再開発など
       をすすめる。
□ B 蘇我スポーツ公園整備、千葉駅北口施設整備、西口再開発など
      の見直しをする。

  <外郭団体について>

□ A 外郭団体は、現状のまま、活用する。
□ B 外郭団体は、天下り人事を含め、見直しをする。

  <入札について>

□ A 入札は適切に実施されていると考えており、改善の余地は無い。
□ B 入札への口利きは文書化し公開する。過去の入札についても
      調査する。

  <借金について> 
            
□ A 市債は今後も適切に活用する
□ B 市債返済計画をつくり、着実に借金を減らす

  <図書館、公民館などの指定管理者制について>

□  A 経費削減のため、指定管理者導入をすすめる。
□  B 教育、福祉などの分野の指定管理者制は、市民の意見
を聞いて検討する。  

  <モノレール延伸について>

□ A モノレールの延伸事業をすすめる。
□ B モノレールの延伸事業は撤回する。

  <水道事業について>

□ A 市営水道事業は現状のまま、推進する。
□ B 市営水道事業の抜本的見直しをする。

2 「医療」「福祉」施策について、伺います。

  <福祉相談窓口について>

□  A  365日、24時間対応の中核生活支援センターは、現状で
は必要ない。
□  B  365日、24時間対応の中核生活支援センターをつくる。

  <女性専用外来について>

□ A 青葉病院の「女性専用外来」は見直す。
□ B 青葉病院の「女性専用外来」は存続させる。

  <市民と行政の協働について>

□  A パブリックコメントや審議会など機能しているので、現在の「市民
参加及び協働に関する条例」で対応できる。
□ B 現在の「市民参加及び協働に関する条例」では不十分であり、見直
しが必要である。

3 「教育」「子ども」施策について、伺います。

  <学校選択制について>

□ A 教育の選択の自由を保障するためにも「学校選択制」をすすめる。
□ B 地域住民のつながりを絶ち格差を生む「学校選択制」はすすめない。

<子ども人権条例について>

□ A 現在ある社会、学校のシステムによって、子どもは守られている。
「子ども人権条例」は必要はない。
□ B 子どもの権利の基準を決め、子ども参画の推進といじめや虐待などの
人権侵害からの救済システムを定める「子ども人権条例」をつくる。

<子どもの医療助成について>

□ A  現在の小学校就学前までの乳幼児医療費助成を継続する。
□ B  医療費の助成を、小学校卒業まで拡大する。

  <男女混合名簿*について>
* 男女別名簿でなく、男女混合のアイウエオ順の名簿のこと

□ A 男女混合名簿(*)は推進せず、見直す。
□ B 男女混合名簿をさらに推進する。

4 「男女共同参画」施策について、伺います。

  <育児休暇・介護休暇について>

□  A 庁内の男性の育児(介護)休暇の取得率をあげるのは、現状ではむ
ずかしい。
□ B 庁内の男性職員の育児(介護)休暇の取得率をあげるために、労働
環境を整える。

  <ポジティブ・アクション(「積極的是正措置」*)について>
  * 格差是正のため、男女いずれかの一方に対し、機会を積極的に提供す
ること

□  A 男女にこだわらず、能力や仕事の内容によって決定する。
□  B 同一の能力の男女がいたら、女性の登用をすすめる。

                   ◆

□ A 公共事業の入札団体に、「男女共同参画」の取り組みを審査項目に加
えるシステムの導入はしない。
□ B 公共事業の入札団体に「男女共同参画」の取組みを審査項目に加える
システムを導入する。

  <「仕事と家庭」について>

□ A 子育ては、主に母親がする方が望ましい。
□ B 父親も育児休業をとって、子育てに参加すべきである。

                  ◆

□ A 「パパ・クオータ」制(*)の推進はしない。
*育児休業の一定期間を父親に割り当てる制度。

□ B 「パパ・クオータ」制を庁内や県下の企業に推進する。                                          
                   ◆

□ A 児童扶養手当は母子家庭のみとする。
□ B 児童扶養手当を低所得の父子家庭も対象とする。

<DV*対策について>
* 夫、恋人など身近な男性から女性への身体的・精神的な暴力。

□ A DV被害者の自立支援のための財政援助はしない。
□ B DV被害者の自立支援のために、住宅支援を含め、財政援助をする。

5 「環境」施策について、伺います。

  < 産業廃棄物について>

□ A 産業廃棄物の不法投棄防止は、問題ごとに適切に対応する。
□ B 産業廃棄物の不法投棄防止のため、罰則をふくむ条例をつくる。

  < 1km条例(*) について >

  *「千葉市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例」

□ A 条例の見直しは行わない。
□ B 条例を見直し、緑地の保全をはかる。

  <遺伝子組み換えナタネについて>

□ A トラック等輸送による遺伝子組み換えナタネのまきちらしは、取締り
が困難と考える。
□ B 市内のまきちらしの現状を調査し、早急に対策をとる。

6 「雇用」施策について、伺います。

  <庁内の非常勤職員について>

  □ A 市役所内の非常勤職員の待遇は現状のままとする。
  □ B 市役所内の非常勤職員の待遇の見直しをする。

  <ホームレスについて>

□ A ホームレスの自立支援の実現は難しいので、見直す。
□ B ホームレスの自立支援を推進する。
 
7 「平和」について、伺います。

  <憲法9条について>

□ A 憲法9条は改正を検討すべきである。
□ B 憲法9条は変えるべきではない。

 ★  自由記載欄  ★ 

千葉市長に当選した場合、最初に取り組むことは何ですか。100字以内で
自由にお書きください。




 ご回答、ありがとうございました。

                 2009年5月   日

                    ご署名                       
[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-05-23 09:48
★ プロフィール

生年月日 1978年2月18日 (31歳)

趣味    登山、詩吟、歴史、バドミントン、テニス、卓球

資格    初級システムアドミニストレーター
       情報セキュリティアドミニストレーター
       ISMS審査員補

★ 履歴

● 1978年2月生まれ。稲毛区穴川在住。
● 2001年 早稲田大学 政治経済学部 卒業
        NTTコミュニケーションズ㈱ 入社
● 2006年 民主党の市議会議員候補公募に合格
        NPO政策塾「一新塾」第18期生
● 2007年 千葉市議会議員選挙にて8570票を獲得、当選
         経済教育委員会委員
         都市活性化対策特別委員会委員
         穴川町内会役員など
[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-05-22 23:52 | 熊谷 俊人
★  プロフィール

生年月日     昭和21年1月
家族構成     妻と二男一女
趣味        囲碁、テニス、山歩き、野球・サッカー観戦、
           アフリカの太鼓演奏

★ 履歴

● 昭和21年 千葉市中央区本町に生まれる(現在も在住)
  本町小学校、葛城中学校に進み
● 昭和39年 県立千葉高校卒業
● 昭和44年 東京大学 工学部(都市工学)卒業 建設省入省
  建設省、国土庁、富山県、愛知県などで都市づくり、地域づくりに携わる
● 平成4年 千葉市 都市局長
● 平成7年 国土庁 大都市圏整備課長
● 平成9年 東京都 防災都市づくり、開発計画部長
● 平成14年 千葉市副市長
● 平成20年 千葉市副市長退職(12月)
[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-05-22 23:38 | 林 孝二郎
みなさんへ

★ わたしたちは「候補者の政策を知る会」と申します。
先の知事選の前に県内各地で活動する市民団体
が連携して結成し、ホームページに各候補者の
政策を比較できる形で掲載し、多くの皆さまに
訪れていただくことができました。
 
★ 今回は会の中で千葉市に拠点を置いて活動する
市民団体や個人が中心になり千葉市長選挙にお
ける予定候補者の政策を比較検討できる材料を
提供すべく、今回の公開質問アンケートの作成
を行ないました。
 
★ これから各マスコミなどでも政策アンケートなど
が行なわれるとは思いますが、新聞を読まない人
も増えている昨今、ホームページで政策を比較す
ることができることは、特に若者の投票率の向上
に役に立つものと思います。
 
★ 大変お忙しい時期に恐縮ですが、投票する人たち
への積極的な情報開示の一端としても、このアン
ケートをご利用いただければと思います。
 
★ 各設問は選択制となっておりますが、どうしても
選択できない場合は欄外にご意見を20字以内で
述べてください。

★ 締め切りは5月28日必着でお願いいたします。

候補者の政策を知る会 千葉支部
        http://chibatiji.exblog.jp/
[PR]
# by chibatiji-seisaku | 2009-05-22 23:30 | 千葉市長選 あいさつ文